イオンリート投資法人

証券コード:3292

検索窓を開く

検索窓を閉じる

ENGLISH

ポートフォリオ詳細

RSC-11

イオンモール倉敷

  • イオンモール倉敷1
  • イオンモール倉敷2
  • イオンモール倉敷3
  • イオンモール倉敷4
  • イオンモール倉敷5
物件番号 RSC-11
物件名称 イオンモール倉敷 (くらしき)
URL http://kurashiki-aeonmall.com/
所在地 岡山県 倉敷市
タイプ リージョナル型ショッピングセンター(RSC)

物件の特徴

賃貸面積は約8万㎡と、倉敷市内で最大クラスの店舗規模

●1999年9月、クラレ工場跡地に大型ショッピングセンターとして開業し、2007年9月、「イオンモール倉敷」に改称したイオンの直営GMSを中心としたモール型RSCです。
●イオンの直営GMSを核に、キッズ共和国(直営)、トイザらス、スポーツオーソリティ等がサブ核として出店し、集客核として松竹系の(株)松竹マルチプレックスシアターズが10スクリーンのシネマコンプレックスを配した、2核1モールのフォーマットを採用しています。
●非物販を含む賃貸面積は約8万㎡で、倉敷市内では最大クラスの店舗規模をもっています。売場は2層に抑えられているため、1フロアのスケールも大きく、開放的な商空間は魅力の一つとなっています。2011年10月、中央の駐車場部分に増築し、延床面積で3万㎡、賃貸面積で1万㎡の増床リニューアルを行いました。増床部分には新たに60店舗を導入、既存部分も新規テナント導入、移転、改装が行われ、施設全体の約8割がリニューアルされています。さらに2017年専門店約100店舗を刷新、レストラン、キッズスペースなども刷新するリニューアルを行いました。
●本物件は、イオンモール株式会社の運営するショッピングセンターの中でも売上が上位にランクされる好調ショッピングセンターです。エリア唯一のRSCとして広域商圏における高シェア獲得を実現しています。

商圏特性

●商圏距離別人口(2010年国勢調査データ)は、3km圏約8.7万人、5km圏約17.3万人、10km圏約45.9万人と、一般的にRSCに必要とされる基本商圏人口40万人は満たしています。人口は増加傾向です。また、岡山県平均に比べて若年人口が多く、老年人口が少ないため、良好な消費支出が見込めるマーケットです。
●倉敷エリアにおいて本格的なモール型RSC は本物件のみであり、地域一番店のポジションを確立しています。

MAP

関連ニュース

主な物件情報

物件名称 イオンモール倉敷
所在地 岡山県倉敷市水江1番
特定資産の種類 信託受益権
取得年月日 2013年11月22日
取得価格 17,890百万円
土地 敷地面積 125,404.13㎡
建物 竣工年月 1999年9月15日
2011年9月8日変更、増築
構造・階数 ①②③鉄骨造4階建
④鉄骨造1階建
延床面積(注1) 157,274.78㎡
PM会社 株式会社ジオ・アカマツ
マスターリース会社 イオンモール株式会社
(注)
(注1) 本物件の建物は区分所有建物であるため、構造・階数については、専有部分の建物の表示の内容を記載していますが、本投資法人は建物全体を保有しているため、延床面積は一棟の表示の面積を記載しています。
(注2)
(注3)
(注4)
(注5)
(注6)
(注7)
(注8)
(注9)
(注10)

受賞履歴等

●株式会社繊研新聞社/第8回(2005年度)テナントが選んだディベロッパー大賞「プロポーズ賞」
●株式会社繊研新聞社/第9回(2006年度)テナントが選んだディベロッパー大賞「プロポーズ賞」
●株式会社繊研新聞社/第15回(2012年度)テナントが選んだディベロッパー大賞「イノベート賞」

このページの先頭へ